for Health, Happiness and Future
BIO ART NYCとは?

BIO ARTS NYC, INC.の事業コンセプトは「食と健康に関する教育」。
ニューヨークに本拠を置き、日本と米国の架け橋に、主に「食」や「健康」に関する情報、コンテンツ、サービス、プロダクトを創造・提供する企業です。
>>ミッション
>>会社概要
>>代表プロフィール

ツイッター
My Favorite Products

日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、毎月ニューヨークの話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを執筆していますが、2012年に執筆した記事をまとめました。

経済不況が長引く中でも活躍を続ける繁盛店の経営者やシェフにインタビューする中で、多くを学ばせていただきました。

また、米国市場でさらに広がりを見せる日本食文化についてレポートさせていただくことは、大きな喜びでした。

1月 
素材を生かした日本の郷土料理を真心込めて提供~炉端人気の火付け役「炙り屋錦乃介」

2月
自然と調和し共生する「和」の文化を完璧に表現/全米のスターシェフらが調理技術や哲学を学ぶ店「すし膳」

3月
世紀のコラボレーションによる和食店「Kibo」/創意工夫にあふれた和食で客をうならせる
– 輸入ビールのトップ10入りを目指し大きく躍進/サッポロ、米国での年間販売数7200万本突破~サッポロUSA社長、生方誠司氏インタビュー~
– 日本酒文化の一翼を担う焼酎・泡盛の新しい魅力をアピール/さらなる米国市場拡大に向けて大きな手ごたえ

4月
遊び心あふれる現代感覚の和食「Family Recipe」
日本から世界に感謝の気持ちを伝える「ジャパンウィーク」、ニューヨークで盛大に開催

5月
和菓子を日本と世界の架け橋に/進出15 年目を迎えた源吉兆庵NY店の挑戦

6月
西洋料理の奥底に流れる和食文化の哲学と伝統「グラマシー・タバーン」

7月
日本人の健康と長寿を支える定食を、日本と変わらない味と品質で提供/人気定食チェーン「大戸屋」、北米進出第一号店
「サマー・ファンシー・フード・ショー2012 日本企業進出状況」

8月
誰もが認めるワシントンD.C.トップクラスの店「寿しTaro」/カジュアルな居酒屋から正統派会席へ、大変革の軌跡

9月
五感が満足する贅沢な空間・オーベルジュ「Equus」/四季折々の地元食材で織りなす料理と真のホスピタリティ

10月
どこか懐かしいくつろげる空間で楽しむリアルな居酒屋文化、「笠寺」
日本企業の新たなビジネスチャンスを探る/ナチュラル・プロダクツ・エキスポ・イースト2012
– 日本食・酒文化、尽きることのない魅力を世界にアピール「JFC SAKE EXPO & FOOD SHOW 2012」

11月
正しい日本食文化を普及し健康な未来を育みたい/ニューヨーク進出31年目を迎えた「おめん あぜん」
日本食文化への関心はより広くより深く/ニューヨーク共同貿易日本食レストラン・エキスポ
日米シェフの見事なコラボレーションによる秋祭りを開催/日本食文化を通して日米相互理解を促進する「五絆ソサエティ」

12月
四季折々の食材が織りなす美しく繊細な皿に感嘆のため息「饗屋」

 

この媒体に連載するようになって、丸6年。今月から7年目に突入しました。振り返ってみると、「3年で6~7割のレストランが入れ替わる」と言われる競争の厳しいニューヨークのレストラン業界の様子が実感できます。これまでの記事一覧もご覧ください。

2006年12月~2007年記事一覧
2008年記事一覧

2009年記事一覧
2010年記事一覧
  
2011年記事一覧

★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。

★その他の執筆実績はこちら。 食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。

アーカイブ