日本食材や調味料を活かした繊細であっさりした和風中華~『Japanese Restaurant News』7月15日発行

update071515a日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークで話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。 今回は、ニューヨークで“和風中華” と言えば、誰もが名前を挙げる人気店、『佐分利』を取材。 京都の一流ホテルで中華の鉄人・陳建一氏と共に腕を奮った経験がある大ベテランのシェフが、日本製の醤油、酒、豆板醤、片栗粉などの調味料や香辛料だけでなく、米も日本製を使い、やさしくて繊細な味を生み出しています。 鮮度の高い旬の野菜を取り入れ、油の量も控えめ、一般的な中華料理とは全く異なる味です。 メインディッシュを小皿料理(ハーフポーション)でも注文できるようにしたことで、さまざまなシーンに合わせやすく、売上も伸びたそう。 家庭的な雰囲気も居心地がよく、すてきなお店です。 ★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、Eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。 ★その他の執筆実績はこちら。 食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。