for Health, Happiness and Future
BIO ART NYCとは?

BIO ARTS NYC, INC.の事業コンセプトは「食と健康に関する教育」。
ニューヨークに本拠を置き、日本と米国の架け橋に、主に「食」や「健康」に関する情報、コンテンツ、サービス、プロダクトを創造・提供する企業です。
>>ミッション
>>会社概要
>>代表プロフィール

ツイッター
My Favorite Products

Food

『NYジャピオン』2009年10月2日号の巻頭特集「秋の味覚を満喫!果物狩りプチ旅行」で取材していただきました。

この季節、ニューヨーク近郊にはリンゴやカボチャをはじめ、秋の収穫を楽しめるところがたくさんあります。 今回、果物狩りで収穫した、旬のリンゴとカボチャを使ったレシピに対して、ヘルシー豆知識を提供いたしました。

※『NYジャピオン』はニュー ヨーク及びトライステイトエリアに、毎週23,000部発行されている週刊誌です。
※記事はオンライン版からご覧いただけます

★その他の執筆実績はこちらから。

 

 

『U.S.Frontline』2009年6月5日号の巻頭特集「もっとベジー生活~菜食中心で体・心・世界を変える!~」を担当しました。

菜食を中心とした健康法 「加熱せず生の食材を食べる米国生まれのローフード」、「世界最古の伝統医学と言われるインドのアーユルヴェーダ」、「日本の伝統的な穀物菜食を基本とし たマクロビオティック」…これら3つの健康法とそれぞれの教えに基づいたレシピや調理法を紹介、バリエーション豊かな菜食の楽しみ方を提案しました。

※『U.S.FrontLine』は全 米邦字媒体で最大級5万5千部を発行する雑誌です。
電子版をダウンロードして、記事をご覧いただけます。

★その他の執筆実績はこちらから。

 

 

『NYジャピオン』2009年3月27号、健康特集「砂糖とつきあう」で、代表・太田あやが「天然代替甘味料」「砂糖がやめられない!を克服する10の方法」「シュガーフリー製品の落とし穴」などについてコメントいたしました。

※『NYジャピオン』はニュー ヨーク及びトライステイトエリアに、毎週23,000部発行されている週刊誌です。

★その他の執筆実績はこちらから。

 

 

人口の約60%が標準体重以上で約25%が健康に重大な危険を及ぼすレベルの肥満といわれている米国。

いよいよニューヨークでは、ファーストフードのチェーン店を中心にカロリー表示の義務化が始まりました。

知的キャリアの好感度サイト『カフェグローブ』の「World News」のコーナーで、その状況をレポートしました。

※記事はこちらからご覧いただけます。
★その他の執筆実績はこちらから。

 

 

食と農のポータルサイト「だんだんたんぼ」にて、「農場から食卓まで」と題して、地球環境や地域社会に配慮したフード・システムを学べる農業体験施設「Stone Barns」の取材レポートを執筆しました。

マンハッタンから車で約1時間半のところに位置する、とても可愛らしいファームです。

ニューヨーク在住の方はもちろん、観光でニューヨークに来る方にもぜひ足を伸ばしてほしい場所です。

→記事はこちらからご覧いただけます。

★その他の執筆実績はこちらから

 

 

アーカイブ