日本の家庭の味でニューヨーカーを唸らせる『一番亭』-『Japanese Restaurant News』2月15日発行

日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークの話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。 今月は、昨年12月に開店した『一番亭』を取材。 「日本の家庭でふだん食べられているホッとする味、日本のソウルフードを提供したい」と、ハンバーグやチキン南蛮などの定食のほか、日本から特別に取り寄せた器械で作る鯛焼き・たこ焼きなどが並びます。 牛肉は和州牛、豚肉は黒豚、鶏肉はオーガニックを使うなど、高品質で安全な食材を厳選し、丁寧に手作り。ファーストフードスタイルなのに、すべて注文後に作り、できたてを食べさせてくれます。 これまでありそうでなかった和食レストラン、今後の活躍が期待できます。 ★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。 ★その他の執筆実績はこちらから。また、フード・ライターとしての実績や人脈を活かしたコンサルティング調査・視察も承っております。「実践的なアイデアが得られる」と好評
タグ: