世紀のコラボレーションによる和食店『Kibo』/創意工夫にあふれた和食で客をうならせる~『Japanese Restaurant News』3月15日発行

日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークの話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。 今回は、「世紀最高の料理人」と呼ばれる世界屈指の仏料理シェフ、ジョエル・ロブション氏が料理の監修を務める日本食レストラン『Kibo』について執筆。 全米に25店舗のレストランやバーを経営し、「最も成功しているレストラン起業家のひとり」と賞賛される『BR Guest Hospitality Group』のステファン・ハンソン氏とのコラボレーションで実現した店です。 エグゼクティブ・シェフに大抜擢された松田歩氏は、仏料理シェフとして20年の経歴を持つ大ベテラン。「ニューヨークでは日本人であることは強み。仏料理シェフとしての経験と日本人であることを活かし、ロブションならではの他にはない和食を創りたい」と語っています。 世界的に著名な人物が日本食レストランをプロデュースする…というのは、日本人にとっても、とても光栄で喜ばしいこと。日本が元気になれるニュースではないでしょうか。   その他、今回は、以下の2本も執筆。 いずれも、世界に高く評価される日本ブランドに関する記事です。 (Special Interview) 輸入ビールのトップ10入りを目指し大きく躍進 サッポロ、米国での年間販売数7200万本突破 ~サッポロUSA社長、生方誠司氏インタビュー~ (News &Trend) 日本酒文化の一翼を担う焼酎・泡盛の新しい魅力をアピール さらなる米国市場拡大に向けて大きな手ごたえ ~ニューヨークで、焼酎・泡盛紹介イベント~ ★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。 ★その他の執筆実績はこちら。 食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。