エンタテインメント性の高い料理や内装に圧倒「Tao Downtown」~『Japanese Restaurant News』3月15日発行

update031516日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークで話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。 今回は、界各地にレストランやナイトクラブを経営する『TAO Group』が手がける店、『Tao Downtown』のエグゼクティブ・シェフ、小島ヨシ氏にインタビュー。 席数400、週末には1,200人も集客するという驚異的なレストランです。 ニューヨークの日本食レストラン業界では、ここ数年、高級化傾向が顕著になっていますが、中でも、30~40代をターゲットにし、エンタテインメント性が高いアジアン・フュージョン料理を提供する店舗の活躍が目立っています。その代表格と言える店です。 そこで、小島シェフが展開する料理は、いい意味で“型破り”です。ぜひ一度足を運んでほしいお店のひとつです。 ★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、Eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。 ★その他の執筆実績はこちら。 食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。 (Photo:Battman)
過去の関連ニュース: