デザートと酒のペアリングをお洒落に楽しむ 『Patisserie Fouet』〜Japanese Restaurant News 2019年12月号

日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークで話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。

ニューヨークで話題の繁盛店をレポート

柚や胡麻、緑茶などの和食材をアクセントにしたフレンチ菓子やデザートを楽しめる『Patisserie Fouet』を取材・執筆。

単に「美味しい」ではなく、成功の秘訣を深掘り

同店の特徴は、時間帯で変化していくメニューの豊富さ。午前11時以降にはサンドイッチやサラダ、スープ、タパス料理などのセイボリー、午後12〜4時にはアフタヌーンティー、午後4時以降はプリフィックスのデザート・テイスティング、夜には食事やバーを楽しめ、1日に4回もピークがあるそうです。

特に注目は、デザート・テイスティングとアルコール類のペアリング。日本酒や焼酎、日本産ウィスキーを合わせることができます。

セイボリーメニューを強化したことで、売上も伸びているそうです。

★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、Eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。 ★その他の執筆実績はこちら。 食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。

過去の関連ニュース: