福島県産酒レストランでのキャンペーン第一弾、『WOKUNI』様で開始

弊社では政府・地方公共団体、企業のニーズにお応えして、さまざまなコンサルティング事業を展開しており、福島県へは2016年から、日本酒の新規参入や販路拡大を目的とした事業を中心に、支援させていただいております。

今年度はコロナ禍により、プロジェクトの練り直しを余儀なくされております。

5〜6月は「家で日本酒を楽しもう!」というコンセプトで、福島酒ウェビナーを3回シリーズで実施し、好評を博しました。

福島県産酒を扱ってくれているお店と共にがんばりたい

さて、福島県では、コロナ禍で飲食ビジネスが苦境に立たされる中、「普段から福島県産酒をお取り扱いいただいている店舗を少しでも応援できれば」、また、「福島県産酒をより多くのお客様に楽しんでいただければ」と考えて、小売店やレストランで福島酒プロモーションを展開することになりました。

『WOKUNI』様、アウトドア席で福島酒50%オフ!

レストラン第一弾として、『WOKUNI』様で福島酒プロモーションを展開いたします。 アウトドア・ダイニング席で、福島酒をボトルでご注文いただく場合、50%オフでご提供するという内容です。

以下2種類のお酒が、50%オフでお楽しみいただけます。お酒は月替わりで、違う銘柄を提供する予定です
・天明槽しぼり純米火入(オレンジラベル)
・奈良萬純米酒無ろ過瓶火入れ

『WOKUNI』様は長崎に養殖場を持っていて、マグロやハマチをニューヨークに直送しており、新鮮で高品質のお魚を使ったお寿司や刺身が絶品です。福島のお酒と合わせて、より一層美味しく堪能していただきたいです。

ニューヨークで6店舗、サンフランシスコで5店舗で、キャンペーン展開予定

ニューヨークシティも、この数週間、目に見えて人が戻ってきています。ダウンタウンやアッパーイースト&ウェストなど居住地域のアウトドアダイニングは、まるでお祭りのように賑わっています。
お隣のニュージャージー州でも、いよいよ今日からインドアダイニングが開始されるとのこと、レストラン業界もだんだんと活気が戻ってきている感じがします。

レストラン向けのキャンペーンは、ニューヨークで6店舗、サンフランシスコで5店舗展開予定です。

随時ご案内させていただきます。



関連ニュース: