世界各国の料理技術や調味料を駆使した魚介料理や寿司「Lure Fishbar」〜『Japanese Restaurant News 』2019年5月号

日英バイリンガル・日本食業界専門誌『Japanese Restaurant News』に、ニューヨークで話題の店、シェフや経営者のインタビューなどを毎月連載しています。

ニューヨークで話題の繁盛店をレポート

ニューヨーク有数のシーフード専門店『Lure Fishbar』、総料理長のプレストン・クラーク氏を取材しました。

店内は豪華客船の客室をイメージした内装です(写真)。

新鮮で高品質な魚介類をふんだんに使い、世界各国の料理技術や調味料を駆使し、創意工夫に富んだ料理が並びます。牡蠣やあさりなど豊富な種類を取りそろえたロー・バー、風味豊かなクラムチャウダーやビスク、グリルやスチームなど素材に合わせた技法で調理されたメイン料理……。寿司や刺身は同店メニューの中心的存在で、売上の30〜35%を占めるそうです。

単に「美味しい」だけでなく、ビジネスの秘訣を深掘り

利き酒師の資格を持ったソムリエがいてお酒のラインナップも秀逸です。日本酒を使ったカクテルや、季節ごとのおすすめを紹介するなどして、日本酒普及にも一役買ってくれているお店です。

こんなアメリカンなレストランで、寿司や刺身、日本酒の存在感があることは、日本人として、とてもうれしく誇りに思います。



★購入をご希望の方はinfo@bioartsnyc.comまで、Eメールにてご連絡ください。 12カ月・24カ月の定期購読、または1部ずつ購入していただくこともできます。

★その他の執筆実績はこちら
食、健康、環境問題などを中心に執筆しています。

関連ニュース: